クルーズ旅行記

cruiselog.exblog.jp

クルーズをメインにした旅行記です

今回のクルーズ
前にも書きましたが、
ロイヤルカリビアンの設定ミス?で、とてもお安く予約が出来ました。

半日か、1日くらいで元に戻りましたが、タイミング良く、クルーズブラザーズのしのさんが変更してくださいました。

それから、毎日、朝の通勤時に空き状況とお値段のチェックをしてみました。

クルーズは、空きが多かったり、日程が近づくとお安くなる傾向があります。
しかし、今回のクルーズは、どんどん高くなっていました。
空きはたくさんあるのにです。
どういう仕組みなのでしょうね。
日々、バルコニーのカテゴリーは空きがなくなっていきました。私は一番下のE3と言うカテゴリーです。
一番下なのですが、場所的には一番希望通りでした。
次にE2が無くなり、E1が無くなり。

ですが、
1か月前くらいになって、全てのカテゴリーが表示されました。
選択してみると、部屋番号は指定出来ない、ギャランティのみ。

ギャランティとは、選んだカテゴリーは保証されますが、部屋は指定出来ず、空き状況によっては、上位カテゴリーにアップグレードされることもあります。

私が見た時、バルコニーカテゴリーは、一番上のD1しか空きはなく、全てのカテゴリーでギャランティしか選べませんでした。
こう言う時、私なら、一番下のカテゴリーを選びます。 特に部屋の場所を気にしなければ、です。
今までギャランティで申し込んだ時は、プチアップグレードがありました。
他の方が経験されてるような、すごいアップグレードは無いのですが。
今回、スイートカテゴリーは、早くから空きがありませんでしたので、バルコニーのギャランティでも、スイートが割り当てられることはないでしょう。

ただ今回、内側のカテゴリーは、ずいぶん残ってたので、比較的空いてるのかなぁ?と、期待してます。
というのも、前回は子供が多く、ファミリーで乗ってるので、人数が倍!
どこもかしこも混んでいて、二度と乗りたくないと思ったのです。
調べてみたら、前回はちょうど学校が長期のお休みに入ったとこでした。
今回は、反対にちょうど長期のお休み前になります。

話はそれましたが、ロイヤルカリビアンにおいては、早めの予約、キャンペーン中に予約する方が良い気がします。

ホーランドアメリカは、出発近くになってお値段が下がる傾向があります。

なんでもそうですが、タイミング大事ですね。

[PR]
# by enjoy-cruise | 2017-05-17 18:10

やっと

旅行です!

今週末、出発です。

あまり調べることもないなぁ。と、思ってましたが、プーケットはあまり知らない。
いろんな方のブログを拝見したところ、プーケットで有名なパトンビーチ近くに降りれるらしいと分かり、マッサージに行こう!と調べました。
でも、下船は何時になるか分からないし、テンダーだから、お天気が悪いと降りれるのか?など考え予約はしませんでした。

しばらく仕事が忙しく、調べるのも放置。
今週になり、再開。
すると、プーケットの港、下船する場所は、パトンビーチの対岸で何もないと言う情報が!
それについて調べてみましたが、日本語では、良い情報がありません。仕方ない英語で検索。
ありましたよ。

On high season(November-April) you will be tendered to Patong beach(main tourist area) and on Monsoon season(May-October) you will be docked at Phuket Deep Sea Port at Ao Makarm.

乾季のハイシーズン(11月から4月)は、パトンビーチからテンダー
雨季のシーズン(5月から10月)は、対岸にあるAo Makarm港へ着岸

てことは、ダメぢゃん。

雨季は雨のせいで、テンダーで上陸が難しいのかなぁ。
Ao Makarmからだと、パトンビーチまでは、タクシーで約45分、50ドル前後らしい。米ドルかな。

他のサイトでは、5月、6月は暑期で、7月からが雨季となってたが。。
暑期は、35度超えとか。で、対岸なら、もう降りなくて良いかなーと、考え始めました。

結果は後日のお楽しみー

[PR]
# by enjoy-cruise | 2017-05-17 08:41 | 2017 アジアショートクルーズ
私は、ワーキングホリデービザを利用して、バンクーバーに約一年くらい住んでいたことがあります。

バンクーバーは歩いて行ける距離に海があり、ローカルバスで、山に行け、スキー場があり、カナダだけど、雪は少なく、とても素敵な場所。
今も、大好きな場所。

その当時は、まだ若かったし(?)
贅沢な暮らしはできず(?)
外食はせず、飲みに行くこともありませんでした。
要するに、節約生活。
友達と、家飲みを楽しんでました。

前置きがながくなりたしたが。

去年、バンクーバーに行って初めて知ったのが、
シーザーというカクテル。
ブラッディメアリーに似てますが、少しだけ違うレシピ。
一番の印象は、タバスコ効きすぎ。辛い。
でも、体が温まるし、やみつき!
このカクテルは、カルガリー発祥だとか。

前回のクルーズで、前泊した時にバンクーバーで、行きたいお店があり、そのお店のハッピーアワーで飲めるカクテルメニューにありました。

初めて飲んで、やみつきになり、クルーズの間、何回か頼みました。

セレブリティの飲み放題で頼めましたよ。

日本に帰ってから調べて、びっくり。
カナダでは有名なカクテルなんですね。
住んでたけど、知りませんでした。

みなさん、おためしあれ。

[PR]
# by enjoy-cruise | 2017-02-23 22:32 | いろいろ

クルーズのチェックイン

クルーズのチェックインで最近思うこと。

チェックインが混雑していて、待ち時間が長い。
行く時間によるのですが、
ホテルにいても仕方ないし、
買い物や観光に行って、時間がたくさん経つのも怖い。

で、みんなが行く時間に行ってしまってるのでしょう。

基本、どのクルーズ会社でもスイートクラスの方、リピーターで上位ランクの方は優先チェックインができます。

プリンセスクルーズは、部屋別にチェックイン時間を分けていて、書類に書かれてます。
実際、違う時間に行っても全く関係ありませんでしたが。

いざ、チェックインの手続きは、以前より簡単になった気がします。
きっと、オンラインチェックインができるようになったからですね。
あらかじめ印刷した、乗船ドキュメント、すでに登録したクレジットカード、パスポートを渡し、顔写真を撮られて、おしまい。
あとは、チェックイン前に渡される体調について書く用紙。
風邪をひいてませんか?熱は?鼻は?
みたいな内容です。
チェックして、サインして提出します。

いざ、乗船。ワクワク時間です。

クルーズ会社によって、いろいろ違いますが、
早く乗船しても、お部屋が用意されていない船があります。
ほとんどの船は、ブッフェがあいていて、食事を提供してます。ただ、みんなが行くので混んでることが多いです。
その場合、手荷物持って、船内をうろうろ。
初めて乗る船なら、船内散策するには良い時間です。
一度下船するのも手です。ただし、もう一度、セキュリティ、手荷物検査を通らなくてはいけないです。

プリンセスクルーズは、部屋の用意ができているので、すぐに入れます。
イコール、最終日、お部屋をでなくてはいけない時間、明け渡す時間、下船時間が早いです。

今度のクルーズでは、少し遅めにチェックインしようと思います。

前回、シンガポールのターミナルで、ロイヤルカリビアンでしたが、チェックイン開始じたいがとっても遅かったから。
早く行っても仕方ない。
そして、一斉にチェックインしたので、乗ってからもランチを食べる場所がなかった。
という、あまり良くない思い出。

今回は、クルーズ前泊のホテルはクラブルームにしたので、それもあり、ゆっくり出発してみます。

[PR]
# by enjoy-cruise | 2017-02-23 12:22 | いろいろ
2016年9月に行った、セレブリティクルーズのことを、ぼちぼち。

バンクーバーにクルーズターミナルは二箇所あります。
一箇所は、ダウンタウンど真ん中、観光地。
対岸にはノースバンクーバーが見えます。
海岸沿いをみなさんウォーキングしたり、なかなかのビューポイント。
という場所なので、少し離れたホテルに泊まっても歩いていける距離です。

もう一箇所は、チャイナタウンよりさらに東側。
移動には、タクシー必須です。
2014年のクルーズの時は、この遠い方でした。
下船後、バンクーバーで一泊するので、移動はタクシー。まあ、長蛇の列!
軽く1時間以上待ちました。
泊まらず帰国する場合は、少し高くてもクルーズ会社の空港行きバスを利用した方が良いと思います。

さて、前回。
メインの近いターミナルでした。
前泊したので、どのくらいの距離なのか、下見に行きました。
泊まったホテルからは、まっすぐ坂道を下ります。
歩いて15分かからないので、スーツケースを引っ張っても20分かからないかな。
雨ならタクシー、晴れたら歩いて行く。

結果、晴れました、しかも、暖かい。

良いお散歩になりました。

ただ、クルーズターミナルの入り口は、地下で、右端の細いスロープを下ります。
ここが、ちょっと問題ありです。
ターミナル直結のホテルのエレベーターも使用できますが、なかなか来ないのと、ホテル内はカーペットでスーツケースがイマイチ動かないのが、難点。

今回のターミナルはダウンタウンど真ん中なので、チェックイン後に、一度、また外に行き、買い物をして、船に戻りました。


[PR]
# by enjoy-cruise | 2017-02-23 08:36 | 2016 Pacific Coastal